親子水入らず  家族で近所を散策して来ました.

久しぶりに家族4人で近所を散策して来ました.
今日のお目当ては,多々良沼公園の藤です.
先週下見に来た時は咲き始めでしたが,今日は見ごろで公園でバーベキューを楽しんでいる人や小さな子供連れなど大勢の人が来ていました.

お目当ての藤棚は100mほど続いていて,紫や白い藤の花がきれいです.
花の近くに行くと藤の花に集まった蜂の羽音が聞こえます.多々良沼の周りの田んぼには,養蜂の巣箱が見られ,そこから出稼ぎに来ているのかもしれません.
この公園には,何本もクスノキがあり,風に揺れている梢を見ているとトトロの世界に来た感じがします.落ちているクスノキの葉をちぎって匂いを嗅ぐと確かにショウノウの匂いがします.この葉が防虫剤になるなんて誰が発見したのか昔の人は偉いですね.

ちょっと竹林へ入って竹の子を探しました.
先週は,何人か竹の子を探している人がいたので簡単に見つかるとは思っていませんでしたが,娘が1本目を見つけました.何も道具を用意してなかったので,落ちている枯れた竹を使って掘り出します.15cmほど掘ってゆっくり揺するといい音を立てて取れました.そのうちに通りかかった老夫婦が一緒になって探してくれ,2本目を見つめました.
藤を見に来て竹の子のお土産までついて,楽しい散策でした.


まだ時間も早いので多々良沼の近くにある緑化センターに寄ってきました.
ここは,昨年7月に草刈機の講習会を受けた場所で,約220種,20000本の木が植えられています.樹木の名前が覚えられずに苦労している私には,うれしい場所です.
樹木は,本名とあだ名とニックネーム?と・・・とにかく1本の木に複数の呼び名があってどれを覚えていいやら迷います.
また幹・枝・葉・花・実だけのポイントで特徴を掴むのも大変で,ちょうど外人がみんな同じ顔に見える(最近の若い歌手もみんな同じ顔に見えます)のと同じで苦労しています.

     
最近,左の肩から首にかけてパンパンに張っています.
いつも左手にカバンを提げているのが原因の様で,今日はカバンの中身を全部出してちょっと改造しました.
使っているカバンは,ユ○クロから1900円で買ってきたパソコンを入れるものなので,中央にパソコンを入れる部分があります.まずはそこをはさみで切り取ってカバンを薄くして,入っていた荷物を厳選します.
ほとんど使わないクレジットカード,山ノ神に気兼ねしながら使っているキャッシュカード,地下鉄の路線図などは出して,傘と予定帳と非常事態用のティッシュ,携帯灰皿と社員証,遠距離通勤の友(ラジオ,本2冊),会社からの首輪(社用携帯電話)を入れます.ほんの気持ちですが軽くなった感じがします.
夏本番までには,カバン自体も持たない様にしようとあれこれ考えています.