雨の榛名とオオルリ

昨日の天気予報では,今日は雨のはずが朝からいい天気です.
前橋市に単身赴任中の息子は帰ってこなし,娘も東京の友達のところへ遊びに行っているので,今日は山ノ神と榛名湖・伊香保方面へドライブに出かけることにしました.

インターネットで目的地付近の地図コードか電話番号を控えて,後はカーナビへ行き先を登録して出発です.
邑楽町から高崎経由で山ノ神と色々話をしながら榛名山を目指します.
最近始めた早朝散歩のこと,途中で見かけたオバサンのこと,その他イビキがでかいとか不平不満交えてエトセトラ....

ようやく榛名山へ到着.
途中から雨が降ってきて出しっぱなしの洗濯物が気になりましたが,そんなことより榛名山へ向かう山道沿いの緑がきれいで思わず車を止めて見入ってしまいました.
にわか山仕事師は,スギの手入れ具合など生意気なウンチクを垂れながら榛名湖へ到着です.
少し前に栃木県の足尾銅山の洞窟から始まって福島県と新潟県の山中,茨城県の川沿いへと43年間放浪生活をしていた人が見つかったと言うニュースがありましたが,思わず山に飛び込んでそのまま放浪してしまおうかなどと,できもしないことを考えてしまいました.

榛名湖付近ではまだヤマツツジが咲いていました.
一ヶ月近く時期のズレがありますが何度見てもこの淡い朱色はいいですね.

榛名湖から伊香保温泉へ入り,有名は温泉街の石段を散策しました.
一方は早朝散歩で鍛えた健脚でスタスタ登って行きますが,運動不足のおじさんは靴の中で指がつりそうでした.
それでもしっかり温泉饅頭を買って次に目指すは坂東十六番札所の五徳山水澤寺です.
ここは昨年のチェンソーの講習会に通った道路沿いで,いつかはゆっくり来て見たいと思っていました.
車を止めて手と口を濯いでからさてお参りと思いましたが,何をするのも100円を払うしっかりしたお寺で,帰りにご朱印でもいただこうかと思いましたが,鼻からタバコの煙を出しながらお茶を飲んでいるお坊さんを見て止めました.

最後はお待ちかねの日本三大うどんといわれる水澤うどんでお昼にすることにしました.
インターネットで割引券を印刷してくるほど期待していましたが,正直おいしくありません.
酔っ払って帰って家で食べるうどんの方がはるかにうまい.
あえて店の名前はいいません.

口直しではありませんが,ちょっと寄り道をして林業試験場にある野鳥病院に寄ってきました.
目当ては昨年この野鳥病院で見せていただいたオオルリです.
門は閉まっていましたが,中を見学させてほしいとお願いすると快く入れてくれました.
いました! オオルリです!
神様(急に変わりますが)はどんな思いがあってオオルリにこんなにもきれいな色をつけたのでしょうか.
山ノ神と中をウロウロしているとオオタカらしい雛を拾って届けにきた人がいました.
見せてもらいましたが,雛というより大人の鶏ぐらいの大きさで.手を出そうとすると鋭い目で睨みます.
里山の生態系の頂点に立つと言われるのがよくわかります.
鼻から煙を出しながら線香100円,鐘をついて100円,その脇にはご丁寧に両替機まで置いて商売している「生物界?の頂点に立つ人間」とは気品が違います.

色々ありましたが,雨の榛名を堪能して野鳥の気高さに感動した一日でした.