秋の足音

昨日は里山クラブが終わった後,T君といつもどおり邑楽の湯で汗を流して夕立が行き過ぎるまで一時間ほどビールを飲みながらささやかなご苦労さん会を開きました.アレがよかったとかまたやって見ようとか前向きな意見を交換しながら流れ出たアセの分(それ以上かも),ビールを堪能しました.

その後,場所をT君の自宅へ移して某メーカーから差し入れてもらった焼酎を飲みながら第二部の開催です.いつものことですが体を使ってアセを流してゆっくり湯に使ってお酒を飲む,ほんとに楽しい一日でした.

さて今日も暑い一日です.でも家の周りを観察して見ると暑い毎日が続いていますが,静かにゆっくり秋へ向かって季節が動いています.

一枚目の写真は家の向かいの畑で可憐な花を付け入るゴマです.白い花は白ゴマでピンクの花は黒ゴマだそうです.またゴマは紀元前から栽培されている古〜い野菜だそうです.

二枚目の写真は5月の上旬にタネを蒔いた陸稲で,先週花が咲いているのを見かけましたが,今日見ると早くも穂が出ていました.

三枚目の写真は銀杏の実です.家の近所に小さなお稲荷さんがあってそこに大きなイチョウの雌株の木があります.会社の近くにもイチョウ並木がありますが,独特の臭いを嫌ってほとんど雄株しか植えられていません.このお稲荷さんのイチョウには,秋になって夜ちょっと風の強かった朝はたくさんの銀杏が落ちています.当然我が家の食卓にも登場してビールの友達になります.

話が戻って昨夜,熊野古道世界遺産登録を記念して,名古屋へ集まった友人達も楽しい一日を過ごしたようです.ちょうどT君宅で二次会の最中に電話して見たところ雷雨に見舞われているとのことでしたが,うまく待ち合わせができたのでしょうか.何度も招待をいただきながら毎回辞退していますが,いつかは必ず行きますのでその節はよろしくお願いします.