サバイバル?

三月三日に都内某所へ出張の帰りに埼玉県蓮田市で友人と近況報告を兼ねて歓談しました.

天気予報どおり11時ごろ蓮田市を出るときは霙交じりの雨になりました.話が盛り上がって出発が1時間遅くなったことが,深夜にわたるサバイバル?の始まりでした.

館林市に到着すると自宅へ向かう最終電車は既に出発した後で,タクシーで帰ろうかとポケットを探ると残金が足りなくて無理.ここでSOSを発信すればよかったのですが,思考回路が液体燃料の摂取過多のためショートしたのか思わぬ答えを出しました.

「そう言えばリックサックの中に懐中電灯があったなあ」,思い立つと悪い癖で改札を抜けて10km彼方の自宅を目指して雨の中を歩き出しました.

最初は「それ行けドンドン」と懐中電灯片手に傘も差さないで気分はサバイバル評論家です.「ライトの明るさヨシ!防寒対策ヨシ!荷物の重さヨシ!クツズレナシ!」と絶好調でした.

1kmほど歩いたところで道路工事をやっているところに差し掛かり,工事中の赤いランプを避けて早足で歩いていると何かにつまづいてアッと体が前に飛び出して顔面から地面に激突しました.

ゾリゾリッと音が聞こえた気がして右目付近から激痛です.でも液体燃料の効果か?しばらくして痛みも無くなったのでそのまま自宅を目指して歩きました.コンビニのトイレで鏡に映った顔を見てビックリ!まるでお岩さん状態です.なんてこったと呆れながらも笑ってしまいました.

話が変わって懐中電灯の効果ですが,雨の日は足元を照らすには全く役に立ちません.むしろ車対策として道路の右側を歩くなら対向車に向かって照らす,左側を歩くなら自分の後ろを照らして人がいることを合図するために使ったほうが効果的です.

それと電池の持ちが予想外に短く,5kmも歩かないうちにコンビニで電池を交換する事態になりました.電球式ではなく最近流行のLED式に変えよう!

そういう訳で霙の中を2時間かけたミニサバイバルが終了して,また液体燃料にまつわる笑話を作ってしまいました.

話が変わって,見かけない鳥が庭に来るようになりました.ツグミです.図鑑を見るともっとスマートなスタイルをしているのですが,我が家に来るツグミはまん丸で,早速「オデブちゃん」と言う本人には迷惑な名前が付きました.

ご飯を撒いておくと食べに来ますが,ピョンピョン跳ねながら食べています.フェンスに飛び上がるときも体が重いのか一度体制を低くして腰を振ってから飛び上がる格好が笑えます.また楽しませてくれるアイドルの登場です.