桜咲く季節

今日で10週続いたホームヘルパーの実技が終了しました.後は実際に現場での実習を残すだけです.

里山クラブへ行きたくても我慢して通い続けた10週間でしたが,車で30分の距離にある教室に普段着で行くだけなので会社へ行くよりズッと気楽でした.

講師は,実際に施設で○十年仕事をされてきた方で,教科書に書かれた建前と実際の現場の様子を経験談交えて楽しく教えてくれました.

ホームヘルパーは要介護者に信頼されて要介護者が期待することを先に気づいて手助けしてあげる役目.気が回らない朴念仁の私とすればとっても難しい仕事に思えてきました.でもこれからの高齢化社会に向かって役に立つ勉強ができた意味のある10週間でした.

ヘルパーのテキストを読み出した年末には雪が降ってましたが,早くも桜の咲く時期になりました.ボケッとしていても季節はどんどん変わって行きます.

季節と一緒に体の方もちょっと変化しました.しばらく前から手元の細かな字が霞んで読みづらい(読めても頭に入らないのは別問題として),字を呼んでいて根気が続かない,すぐ眠くなる(これも別問題?).

そんな訳でとうとう我慢できずにめがね(別名老眼鏡)を購入しました.生まれて初めて検眼をしてもらい,自分の利き目が左目だと知りました.手だけは右利きで,利き目が左,利き足も左,ボーリングも左手の方がスコアがでる.頭のつむじも?

メガネをかけると知的で結構ハンサム(だと思うのですが)です.どうせ一過性のメガネだから安いのでいいやと思ったのが間違いで,やたらレンズが厚くてタレントのケントデリカットさんに目元だけ似てると言われました.

おかげで手元の字がハッキリ見えます.女性の店員がフレームを調整してくれたときも店員さんのお化粧で隠した下地の凸凹までハッキリ見えました.ちょっと見えすぎの気もしますが.