追い込みです パート3

月曜日だと言うのに部屋にこもってホームヘルパーの実習の結果をレポートにまとめています.会社で最近病気がちだとか色々噂になっても期限が迫っているこちらの方が優先です.

先週から時間を見つけてはパソコンで下書きを作り,昨日の朝下書きが完成,今朝は朝飯を食べて一気に清書作業です.

言葉足らずのところや冗長なところを付け足したり削ったりと生みの苦しみを2時まで続けて漸く完成です.記念に写真を撮って封筒に封じ込めて終了!後は野と慣れ何とかです.

外ではツバメが鳴いています.こんなときは外に出て体を動かすに限ります.

まずは犬小屋の跡地にアジサイを植えることにしました.ところが跡地を掘り返すとダイオキシン騒動の前までゴミ焼却炉に使っていたブロックが出るわ出るわで,急遽発掘されたブロックを使ってプランタンの台を作ってしまいました.

植えたアジサイはこれから頑張って梅雨時には花を咲かせてくれるでしょう.小雨の中で紫の花が咲いてカタツムリがのんびり歩いている風景が目に浮かびます.カタツムリは「歩く」でいいのかな? 細かなことは気にしない,気にしない.

続いて昨日益子町で見てきた山野草の鉢植えに挑戦です.挑戦と言ってもそれらしい山野草が見当たらないので土台になるコケを植えて瑞々しい風景を作って見ることにしました.

コケなら家の北側にたくさん生えています.早速スコップで植木鉢の大きさに合わせて土ごと移します.はみ出した部分は鋏で揃えて水を張った皿に入れて完成です.

店のおばさんの説明のよると,腐葉土などは使わないでコケが生えている場所の土を使うのがベスト.置き場所も生えていた場所がベスト.でもそれならわざわざ鉢に移さなくてもそのまんまでよかったんじゃないの? まあ細かなことは気にしません.

最後に土曜日に里山クラブから持ち帰ったタラノキを庭の隅に挿し木することにしました.

このタラノキは,心無い山菜取りを非難しながらも高い枝先のタラノメを取ろうと欲張って枝をたわませたところ,枝の付け根から折れてしまい,そのままにしておくのは可愛そうなので持ち帰ったものです.全くお恥ずかしい話です.

O先輩によると枝の生え際から切って挿し木にすると間違いなく根付くと言う事なので,枯れ葉を積んで置く一番肥沃な場所(肥沃過ぎてドクダミの宝庫)に挿して見ました.

これで毎年春になると自家製のタラノメがいただける予定です.でも庭に挿し木するくらいなら山に挿してきた方が良かったじゃないか何てことは言いっこなしです.