ノーネクタイ

向かいの田んぼに水が入り、田植えも完了しました。おかげで窓を開けてテレビを見ていると、カエルの声で全く聞こえません。カエルの言葉が理解できると、アチコチで「好きだ!」、「幸せにするよ!」、「お金沢山持ってるよ!」、「お金じゃないよ愛だよ!」、何てありとあらゆるラブコールが飛び交っているんでしょうか。それとも極めてストレートに、「やるべ!やるべ!」と群馬ナマリで吼えているんでしょうか。

二週間、某病院の薬を飲み続けて、だいぶ気持ちが落ち着いてきました。まずは、初期状態を脱した感じです。昨日も、通院して多少強めの薬に変えてもらいました。これで、ムクムクとやる気が出てくるとうれしいのですが。でも薬の副作用でとにかく眠さとだるさには参っています。

庭先のナツツバキ(シャラノキ)が咲きました。いよいよ夏本番です。クールビズと呼ばれる、ノーネクタイのスタイルは、楽でいいですね。でもノーネクタイで背広を着ていると、昔、北野武監督の「その男、凶暴につき」のポスターそっくり、ちょっと強面もおじさんは組み関係の人に見えてしまいます。背広にネクタイは、サラリーマンの聖域でしたが、自分で工夫しろと言われた瞬間、屁理屈を付けて上着を取るのが、限度でしょう。

ちなみに私は、ボタンダウンシャツでノーネクタイです。そろそろ上着もやめようと思っています。汗でペタペタくっ付くズボン、蒸れるクツ、止めたいものばかりです。

社内でクールビズの服装の基準を大真面目に総務が発表していました。「よくある質問」で、半ズボンはダメでしょうか? サンダルはだめでしょうか? ガキの質問で笑えましたが、女性の生足が良くて半ズボンとサンダルがなぜ悪い! こたえは「お客様に失礼だから」、「お客様のスタイルを見て決めましょう」、半ズボンの客がいたらOK?

どうぜ会社にトップレスで女性が来てもだれも注意などできっこないのですから、自由に行きましょう。