味噌カツと手羽先

世の中、便利になりました。昔、サマーランドがあって大勢の外国人がお風呂代わりに利用していた場所に高速バスのターミナルができ、何度もお誘いを受けている名古屋へ行って見ることにしました。

出発は、早朝3時、布団に入ったら間違いなく遅刻するので、レンタルDVDを借りてきて1時半まで何とか起きていました。それから風呂に入って、車でバスの中で飲む液体燃料を途中のコンビニで買い込んで2時半にターミナルに到着。少し時間もあるので買い込んだビールをグビッ、ついでにチューハイもグビッ。

バスに乗り込む前に完全に準備完了です。おかげでシートに座って即夢の中、バスが駐車場を出たのも気付きませんでした。途中、高速のサービスエリアでトイレタイム、体が軽くなったらまたもや即夢の中、目が覚めたら名古屋の金山駅、危うく寝過ごして京都まで行ってしまうところでした。

桑名のAさんが、迎えに来てくれて一緒に色々名所案内をしてくれました。歩きながら最近の仕事の様子や家族の近況を話しながら、最初の目的地へ到着。名古屋に着たからには味噌カツです。腹ごなしに名古屋駅からトントン?歩いて矢場町の矢場とんでロースとんかつをいただきました。お味の方は大変美味でした。こんど行ったらミソカツ丼も食べて見たいところです。

名古屋へ行く前から、どこが見たい?と何度も聞かれていましたが、正直、ミソカツなど食べ物は浮かぶのですが、名所はほとんど浮かんできません。そんな中でも唯一思い浮かぶのは、徳川美術館。昔、テレビで倹約家の徳川吉宗、ライバル尾張の徳川宗春を取り上げていたのを覚えています。また、今の江戸ブームをあって、名古屋に行くなら徳川美術館を見て見よう、そんな思いで連れて行ってもらいました。

いろいろな展示品がありましたが、刀剣には目を惹かれます。鎌倉時代の正宗の短刀があったり、吉宗から宗春へ送った刀があったり、結構見ごたえがありました。

夕方、名古屋駅で昔、お世話になったTさんと合流して、名古屋名物の手羽先を食べさせていただきました。一日歩いてビールが最高で手羽先もいくらでも食べれます。久しぶりに気心に知れた仲間と世間話をしながら最高の時間を過ごすことができました。

高速バスが出発するまで、時間があったので、名古屋駅周辺を案内してもらいました。愛知万博の影響でしょうか。色々なイベントがあったり、歩道に出店(ちょっと古い!今は何て言うのかな?)が出ていて、カメラを向けると気安く写真を撮らせてくれます。

最後のお別れに、もう一軒、居酒屋で今日一日楽しい時間を過ごさせてくれたお礼に乾杯してお別れしました。本当にありがとうございました。

バスの中で食べるおやつと液体燃料を仕入れて、バス停の前に行くと、歩道の縁石に座っている人がいました。時間もあるので横に座らせてもらって、世間話をすると、大阪から仕事で来ている方でアパートの部屋が暑いので涼みがてら時間をつぶしているとのこと。バスの中で飲もうと買ってきた液体燃料も呑みきれるか自信が無かったので、一本出して知らない同士ですが、今日一日群馬から名古屋へ遊びに来た話などさせてもらって、楽しい時間を過ごしました。

漸く来たバスに乗って、液体燃料に口を付けたところで激しい眠気に襲われ、気が付けば群馬県の太田駅、いやはや何とも名古屋へ往復タイムスリップしたような一日でした。