のんびり散策

  いい加減、毎日ゴミ掃除をするのに疲れたので掲示板を閉鎖しました。これまで書き込みをしてくれた方には申し訳ありません。これからご意見・ご感想は直接メールでお願いします。

一週間アタフタした日が続き、週末はゆっくり寝坊してやるぞ!と固く誓っていたのに普段より30分も早く目が覚めてしまいました。外はいい天気、こんな日に寝坊しているのは勿体無い。

まずは風呂に入ってビールをグビ! 今日は休みだ!

ワイシャツをクリーニング屋さんへ持って行ってから庭木を2本植え替えてもまだお昼前、どこかへ出かけようと言う事になりました。

インターネットで探すと今はシャクナゲが見ごろとのこと。早速、赤城山の麓にあるシャクナゲで有名な赤城寺へ行ってきました。

赤城寺まで我が家から車で約1時間半の距離、カーナビに案内されて近くまで行ってビックリ、出向していたころ、何度も赤城寺の前の道を通って某社へ御用聞きに行ったことがあります。またくることがあるとは ..... 変にカンシンしてしまいました。

シャクナゲは満開で、春を満喫できました。満喫ついでに落ちていたフジの種をいくつかいただいてきました。芽が出るか楽しみです。

真っ直ぐ帰るのは勿体無いので、ぐんま昆虫の森に寄って見ることにしました。

駐車場に車を止めて、まずは体を軽くするためトイレへ直行、中は木の香りで実にさわやか、思わず座り込む時間が長くなりました。

入場料400円を払って園内へ、最初に昆虫かんさつ館を見学、展示してある昆虫を見ながら山ノ神と子供のころ身近にいた昆虫の話で盛り上がりました。西表島の自然を再現した温室の中には蝶が飛んで夏そのもの。一枚目の写真は、リュウキュウアサギマダラ、二枚目はリュウキュウムラサキです。

園内には養蚕が盛んだったころの茅葺の家が再現してあったり、雑木林がきれいに整備されて、里山クラブのフィールドといい勝負と言ったところです。

でも場所が違うと微妙に環境が違って、アカマツがノビノビ真っ直ぐ生えていたり、クヌギ、コナラ、クリと間伐泣かせの木が多かったり、里山のフィールドでは全く見かけないマムシグサがやたら生えていたり、じっくり観察すると結構楽しめる場所です。

山の中は今、山桜が満開、ヤマツツジの淡い朱色も目立ち始めていました。400円は十分元が取れた春の午後でした。