彼岸花 2006/09/24  

すばらしい秋晴れに誘われて墓参りに行ってきました。

癒し担当に朝ご飯を食べさせて朝7時半に家を出発。埼玉県の霊園に9時過ぎに到着。前日、兄貴が来てくれていたので花を追加して線香を上げて10時に出発。帰り道で癒し担当のご飯を購入して人間様の昼の弁当も買い込んで12時前には家に到着。

何とも急ぎ足の墓参りでした。

埼玉の霊園は、霊園らしく門から墓地まで道路の脇にヒガンバナが植えてあります。

よく見ると何と!白いヒガンバナを発見!

名前は、シロバナヒガンバナと言うそうで、普段目にする赤いヒガンバナの園芸種とのこと。毎度のことながら珍しい草木を見つけるとちょっと得した気分になります。

さて急いで墓参りに言ってきた理由は、癒し担当が留守番でパニックにでもなっていないか心配したのですが、玄関を開けるとゲージの中で寝起きを起こされたような顔をしていました。

つまり誰もいないと「寝ている」、本人にして見れば静かでよかった、そんなところでしょうか。

少しは寂しそうな顔をしろよ、と言いたい所ですが、、、