道具あれこれ 2006/12/31  

大掃除は暖かくなったらゆっくりやろう、と言うことで掃除機をかけて窓を拭いて終了にしました。

残るは年賀状です。
ニュースで年賀状の受付初日に投函している人を見ると「全くどこの暇人だよ」などと笑ってはいますが、あの年賀状に掛ける意気込みには敬服しています。
自慢ではありませんが、必ず元旦に届きますと言われる日までに投函したことは生まれてから一度も無し、31日にやっとの思いで投函すればでき過ぎ、正月に届いた年賀状に慌てて返事を出すのが通例です。

今年こそ!と言うことでまずは道具探しです。
インターネットで探すとあるわあるわ、年賀状を作るだけで数千円も出費する人の気が知れませんがとにかく安くて簡単なもの、で見つけたものが1980円の宛名職人(二枚目の写真)。

インターネットで申し込むと即ダウンロードできこれは便利!
でも動かして見ると無意識に頭の中で決めている段取りとソフトの流れが合わず、宛名ひとつ作るにも変に疲れる代物でガッカリ。

次は、フリーソフトのはがき作家(三枚目の写真)を試して見ると流れがこちらの思考回路にピッタリ!(ボンクラ向き?)、あっと言う間に宛名作成から印刷まで完了。
文面側は毎年Wordでシコシコ作っていましたが、はがき作家の有償版だと文面作成もできるので、一回飲みに言ったつもりで1500円の有償版をダウンロード。
イラストと文言の雛形をあちこちのサイトから探して並べて印刷するとあっ、あっと言う間に完成です。

後は一言書き加えれば完了ですが、目の前に並んだ年賀状を見ると腰が引け、「来たら出せばいいかあ」、と例年のペースにはまりそうです。大金を投資したのにこれではいかん!

でも便利な世の中になったものですね。