神宮参拝 2007/01/21  

所要があって一ヶ月ぶりに都内まで行ってきました。
13時半の待ち合わせまでの時間に久しぶりに明治神宮を散策して見ました。

明治神宮は何年か前の夏に某インストラクター講座の演習で樹木を探して歩いたところ。
その気になって見渡すと何種類かは名前を思い出しますが、あのころの熱意が冷めてしまっているのかクスノキの見事さに圧倒されるばかりで思考回路が動いてくれません。

 
原宿駅側から入って参道を歩いたり止まったりしているととにかく寒い!
時間もお昼時なので神社に来ていることを言い訳にして暖かいお神酒をいただくことにしました。
節約をモットーにしている素浪人なので目に付いた一番安かった一品を肴に熱燗をグビッ。
いや〜結構な身分です。
 
すっかり温まったところで散策を再開して大鳥居に到着。
案内の看板によると「昭和50年に立て替えた樹齢1500年の台湾産のヒノキ、高さ12m、径1.2m」だそうです。
某インストラクターの演習で、「まだヒノキの匂いがするので嗅いで見て下さい」なんて言われて鼻を鳴らしたことを思い出します。

昭和50年当時はもう国内にこのぐらいの太さのヒノキは残っていなかったそうです。

 
ようやく本殿に到着。
本殿の両脇にあるクスノキは何度見ても圧倒されます。
大正9年に明治神宮ができた時に植えられたもので、二本そろって夫婦楠と呼んで夫婦円満、家内安全のシンボルになっているそうです。
 
どんと太っ腹なところを見せて100円玉を賽銭箱に入れていつもように家内安全を祈願。
家族皆健康で過ごせますように。

 

 
横を見るとお坊さんが参拝していました。
神社でお坊さんを見かけた記憶が無いので思わずパチリ。

神も仏もその道では一緒なのか参拝の格好が決まっています。
パンパンと拍手が響き渡り「さすがプロ!」、などと意味も無く感動してしまいました。

 
明治神宮のお隣にある昔オリンピック村と呼ばれ、今は青少年総合センターになっているここが今日の目的地。
某自然学校のホームページのメンテナンスをしてくれないか、お昼を食べながらそんな打ち合わせをしてきました。
長いお付き合いをさせていただいている方からの相談なので喜んで承諾。

これにて神宮参拝を兼ねた本日の予定は目出度く終了。