成長 2007/03/12  

息子が帰ってきたので、山ノ神と三人で伊勢崎市へ行ってきました。

息子は苦学中と思っていましたが、アルバイトを頑張って春休みに入ってから友人と北海道へ旅行にいったり、ラーメンを食べ歩いたりと息子なりに自力で青春を謳歌しているようです。
どんな生活をしているのか気になるところですが、元気でやっていてくれれば親としてまずは安心です。

伊勢崎市についたのがちょうど昼時なので、息子のご推薦でい○るやと言う塩付け麺で評判の店に寄ることにしました。

値段の設定がちょっと高めでしたが、大盛り無料と言うことなので当然、塩付け麺の大盛りを注文しました。
いつも地元のシンプルな佐野ラーメンをひいきにしているので、息子達が雑誌などで仕入れてくるうまいと言われる店は、垢抜けてはいますがちょっと複雑な味です。

付け麺も暖かいスープの中からぬるい麺を食べる食感はどうもなじめません。
やっぱり熱いスープから熱い麺をすするのが性に合っているようです。
そんなことを思いながらも大盛りをしっかり平らげて満足、満足。

今日の目的地は、伊勢崎市に最近できたらしいド○キホーテです。
息子によると日中は若い人達、夜はホスト系の人達で賑わっているそうですが、そんな場所に迷い込んだおじさんは騒音と込み合った陳列棚に眼が回りそうでした。
目的も無く、さ迷って外に出たときは生き返った気分でした。

伊勢崎市まで来たついでに太田市のジョイフル○ンダへ寄ることにしました。
まずは癒し担当のおやつを購入して、里山クラブで使うノコギリを新調することにしました。

ノコギリは一般的に使う目的に合わせて、樹木の剪定用は刃の大きなもの、竹を切る場合は刃の小さなものを使います。
でも私はもっぱら刃の大きい樹木用で竹も切ります。
理由は、刃の大きい方が竹を切る場合に食い込むまで多少滑ったりしますが刃が入ってしまえばザクザクと簡単に切れるから。

また、最近は刃を交換できるタイプのノコギリを愛用しています。
お値段も27センチサイズで4000円近くしますが、一体成型で焼き入れした折れやすい刃は交換できる方が結局は安上がりです。

息子も元気にやっているようなので安心しました。
でも身長が伸びてそばにくると半歩下がってしまう親父でした。