20年ぶり 2007/03/26  

ニュースで館林市の世界一鯉のぼり里まつりを報道していました。
「世界一」とはすごい!
時間を持て余している(ちょっとは忙しいですが)素浪人は、早速見に行くことにしました。

毎年元旦に初詣に行く尾曳神社に車を止めてつつじが岡公園へ行く遊覧船の乗り場を過ぎると鯉のぼりが見えてきました。
場所は鶴生田川と聞いていましたが、この辺にそんな川があったかなあと思いながら歩いているとありました。

「世界一」と言うのは、鶴生田川、近藤沼、つつじが岡公園周辺に約5000匹の鯉のぼりが、上げる?吊るす?ぶら下げる?まあ何でもいいのですがあるからだそうです。

一枚目の写真は、鶴生田川のごく一部の鯉のぼりです。
3.8kmに渡って続くそうですが、端まで行くのはしんどそうなので、雰囲気を味わったところで対岸に渡って引き返すことにしました。
川岸のサクラも咲きだしてあと一週間ぐらいですばらしい景色になりそうです。
サクラの枯れ枝にコゲラが巣を作っていました。
子供達が小さいころは、ここの市民プールもよく来ました。

お腹が空いたので、懲りずに今日もラーメンにしようと言うことで平野屋へ行ってみましたが、駐車場が満杯なので社宅の近くにある佐野ラーメンを始めて食べた店も良いかなと思いましたが、あの時は腹を壊したのを思い出して目に付いたおおぎやでいつもの味噌ラーメンをいただきました。

この店は社宅だったマンションのすぐ前で、昔はタイヤ屋さんだったところです。
息子が生まれる時に宮城県まで車でいくためにここでスタッドレスタイヤを買ったことを思い出しました。

3枚目の写真が社宅だったマンションです。
4階の右端が住んでいた部屋で、邑楽町に引っ越すまで5年間お世話になりました。
1階にはコンビニがあって結構便利でしたが、しばらくして本屋になり、子供を抱いたまま立ち読みをしたこともあります。

ついでに子供達と遊んだ公園に行ってみました。
あまり変わっていなくて懐かしい!
ここで遊んでいて結婚指輪を無くしたことを思い出しました。
20年ぶりぐらいで社宅周辺をウロウロして見ましたが、赴任前にバスで下見にきたこと、夏の暑い日の引越し、そしてマイホームへの引越しまで、色々な出来事を思い出して懐かしさにちょっとムネキュンのひと時でした。