ボケ防止 2007/04/17  

渡辺謙主演の「明日の記憶」を見てひどくショックを受けました。
素浪人も良いですが、あまりマイペースでノンビリしているとアルツハイマー病とは言いませんが、そろそろ脳みそ、手足が鈍ってきているのが自分でもわかります。
とにかく物忘れがひどい!いや忘れる前に全く覚えない!
朝、起きると体が固まって階段を下りるのがしんどい!

こりゃいかん!
早速、里山から目に付いた広葉樹を輪切りにしてボケ防止に何か作って見ることにしました。
子供達が小学校で使った彫刻刃を借りて奮闘すること2時間。
掘り出した文字にラッカーを塗って回りにニスでアクセントを付けて100円ショップでヒモと釘を探してきて吊り下げるようにして里山クラブのプレートが完成です。

勢いで作りましたが、これをどこに吊り下げるか、家の玄関に付けたら物議をかもし出しそうなのでK主催者へプレゼント?それも勿体無い ・・・ 悩める年頃です。
作っていてショックだったのは、老眼鏡を使っていながら手元がはっきり見えないこと。
贅沢は言わないで妥協するところは妥協して、本日の図画工作の出来具合は90点としておきます。

午後、山ノ神と畑に植える苗を探しに千代田町の園芸店へ行ってきました。
林の中にゴミを捨てさせない秘訣は、林淵をきれいにして花を植えることです。
この園芸店は店で売れ残った花を里山クラブへ寄付してくれる里山クラブの強力なサポーターです。

帰り道で目に付いた公園の看板を目当てに行って見るとビックリ。
名前は「なかさと公園」、場所は千代田町の利根川沿いにあります。
雨が降りそうな天気で人影もまばら、我が家で貸切状態です。
アスレチックや滑り台ですっかり子供に戻って遊んでしまいました。
でも千代田町には目立った産業があるとは思えませんが、公園のりっぱなことには驚きです。
千代田町には他に温水プールはあるし、デイケアセンターなどの福祉施設も町役場も邑楽町とは大違い。
最近、はやりの言葉(私は嫌いですが)で言うところの地域格差を感じてしまいました。

こんないい場所を見つけたからには、今度は癒し担当を連れて遊びに来ることにします。