異次元への小旅行 副題:税金返せ! 2007/07/20  

平日はパソコンの前に座ってアルバイトをしているか、里山クラブへ行っているか、お役所相手に何かしているか、一週間があっと言う間に過ぎていく気がする今日このごろです。

さて本日も太田市にある合同庁舎へ、ぐんま都市緑化フェアの打ち合わせに行ってきました。
合同庁舎の前の国道は、太田市から前橋市へ行くルートで、こんな場所へ出入りするようになるとは、今でも信じられない気分です。

会議場に入ると机の上には出席者の名札が乗っていて、ありました!「うめぼし委員」、委員って小学校の保健委員以来かな? 上座のおじさんの名札は「○○座長」、座長ですよ!
この辺から異次元空間の風にあたって頭がクラクラしだします。

定刻の2時から「都市緑化フェア東部県民局サテライト会場運営委員会検討会」と言う長〜い名前の会議が始まりました。
まずは事務局が開会のあいさつ、次に配布された資料の確認、続けて「運用規則第○条に従い、○○座長に議事進行を引き継ぎます」、「ご指名がありました座長の○○です。早速ですが最初の議題○○△△について、報告をお願いします」、「それでは議題○○△△について、事務局より報告します。着席のままでの報告になりますがよろしくお願いします」 ・・・・

あまり格式ばった会議にはなれていないので、報告ごとに繰り返される「着席のまま失礼します ・・・ 」を聞いていると午後の睡魔があっと言う間に天国へ連れて行ってくれます。
それから2時間、ほとんど一方的に報告ばかりで、1,2回、勇気ある民間人から質問がでただけで、シャンシャン会議は終了。

公務員って毎日こんな会議ばっかりやっているのかなあ、税金使って、40人以上も集めて、しゃべっていたのは事務局だけ、各サテライト会場の担当者が一人2分ほどで12、3人が資料にも書いていない「極めて順調に推移!」をしゃべっただけ。

面白かったのは、サテライト会場を知ってもらうためにスタンプラリーを企画した事務局からの報告について、某民間団体からの質問。
前に一度スタンプラリーをやったことがあるが、有料の施設の場合はスタンプはゲートの外に置くのか、中に置くのがいいのか、中に置いたらスタンプが押せないと苦情があった」。
事務局の答えは「検討します」。
スタンプラリーをする目的はサテライト会場を見てもらうため、だから答えは「ゲートの中にスタンプを置くこととします!」のはず。
会議が終わって見ればずっと報告ばかりで何か決まったことがあるのか全く分からない不思議な時間でした。
残ったのは資料の山、これがオレの税金の成れの果てか?

 

Copyright(C) 2007 Umeboshi  Ojisan All rights reserved.