日々徒然 2007/10/22  

癒し担当を連れて散歩の後、6時過ぎから息子が差し入れてくれた液体燃料をチビチビと一時間、面白くも無いテレビを眺めながら夕食に一時間、お茶をすすりながら更にボケッと一時間、この辺で布団へ直行するのが最近の日課です。

枕元のラジオで10代向けの青臭い人生相談を聞きながら日曜日のこの時間にNHKが若者に媚びたようなこの番組ほど意味の無いものは無い、そんなことを液体燃料に侵された頭で考えているうちにいつの間にか天国へ ・・・・・
11時ごろから始まるラジオ深夜便は高齢者に人気の番組だそうですが、コーナーが1時間刻みなので洋楽(古い!)が流れていると2時過ぎ、歌謡曲だと3時過ぎ、ウトウトしながら5時の時報を聞いて起床です。

起き抜けの最初の作業はメールを読んでから癒し担当を起こして散歩に出かけます。
外は空気がピンと張り詰めて秋らしい陽気です。
さて今日は何をしようか、あれとこれとそれもして、、、
そうだ、今日は可燃物の日、昨日剪定した庭木も出して、、
不燃物は木曜日だったっけ、、、
家にもどったら一輪車にゴミを積んで集積場まで、行きは癒し担当は引っ張り役、帰りは荷台に乗ってご機嫌です。

次は日課にしている居間、廊下、洗面所、トイレの掃除、顔を洗ってコーヒーを飲みながら新聞に目をとおしてもまだ7時、あれほど早朝出勤がいやだったのにずいぶんと変わったなあと感じるこのごろであります。

朝食後は、早速あれしてこれして、、、の開始です。
最近、老化を感じるのは集中力が続かないこと。
早ければ30分でアウト、それもトイレに行きたくなってのアウトです。
おまけに老眼の進行が早く、「離せば分かる○代」はとうに過ぎて新聞などモジャっとした模様が見えるだけ、気が若くてもヒタヒタと老いを意識する年頃になりました。

 

Copyright(C) 2007 Umeboshi  Ojisan All rights reserved.