早くも梅が 2008.02.02  

ホームセンターから買ってきた枝垂れ白梅が咲き出しました。
寒い日が続いていますが、春は静かに近づいているようです。

新しいお勤めの方は思いのほか順調に職場に溶け込めて、工場のある栃木県の那須へ毎週のように出張しています。
今週は兵庫県の西明石にある工場へも挨拶回りを兼ねて出張したり、勤める前の心配がうそのような毎日を過ごしています。

遠距離通勤の方もかなり馴れてきました。
どの車両に乗れば乗り換え駅の階段に近いか、乗り換えには走ればいいのか、ゆっくり歩いても大丈夫なのか、こんなことがわかってきて気分的にずいぶんと楽になりました。
最近は席が開いてもなるべく座らないようにしています。
座ると眠るのが当然で、船を漕いでいるとてきめんに背中や首の筋肉が固まって辛い思いをするので、そんなことなら立っていたほうが健康にもいいし、でもそれ以外に湘南○宿ラインの車両のイスが硬くて肉の落ちたシリには応える、そんな理由もあります。

通勤時間が楽しくなるようにワンセグ携帯(左側)に変えました。
浪人時代に見ていた朝の連ドラは録画しておいて帰ってきてから見るようにしていますが、これからは会社の昼休みに楽しもう! そんなことも考えています。
社有携帯(右側)が早くも届き、どうせ売れ残りだろうと思っていましたが、以外にもフォントが綺麗で思いがけず気に入っています。
いつもポケットの中に2台の携帯電話を突っ込んで、社内にいるときは更にPHSも持ち歩いて電磁波に汚染されそうな日々を過ごしています。

もう一つの遠距離通勤の楽しみは定番の読書です。
図書館から借りて読むのもいいですが、ハードカバーの重たい本を持ち歩くのはしんどいので、出かけた時に古本屋さんで廃棄寸前で黄色く変色したような本を一冊100円で売っているコーナーからめぼしい本をまとめ買いして読んでいます。
そんなこんなで遠距離通勤も慣れてきた、今日はそんなお話でありました。

 

Copyright(C) 2008 Umeboshi  Ojisan All rights reserved.