金銭感覚 2008.03.16  

パソコンを使っていると「ウィルスがどうのこうの」とポップアップ画面が出るようになり、どうもウィルス対策ソフトの有効期限が切れたようです。

今まで使っていたウィルス対策ソフトは、効果は二の次でとにかく安いことが条件で、ウィルスを撒き散らしてもそれは事故だと勝手に割り切っていましたが、最近メールをやり取りする相手が変わってきて、そんなわがままも言っていられなくなったので、「まともな」対策ソフトを探すことにしました。

まずは老舗のノートンです。
早速、体験版をダウンロードしてインストールして見ると、、、なんだあ、この重さは! 我が家のパソコンはCPUは2.6M、メモリ512MBで、中の上と認識している環境でも一気にスローダウンしてしまい、これでは使えないので却下。

次も老舗のトレンドマイクロのウィルスバスターです。
体験版をダウンロードして見ると、ノートンより断然軽い! この辺で気持ちがグラッと行きかけましたが、インターネットでトレンドマイクロのホームページがハッキングされたとの記事を発見。
セキュリティ商品を売っている会社がハッキングされては笑い話にもなりません。
商品以前に会社が怪しいのでこれも却下。

目先を変えてウィルス対策ソフトの評判を読むと、全く知らないメーカーの製品が出ていました。
ウィルス検出力がナンバーワンで、日本では老舗のノートンやバスターは20番目にも入っていない、、、、そんなにすごいなら試してみる価値があります。
早速、F-Secureインターネットセキュリティのお試し版をインストールして見ると、見た目がウィルスバスターそっくりで、いきなり勝手に裏でカチャカチャとチェックが始まり、この無礼な動きにプツン! これも却下。

次は、検出力が高く、軽いと評判のNOD32アンチウィルス。
試してみると確かに軽い、でもNOD32はウィルス対策だけでパソコンのセキュリティソフトとしてはイマイチ。
NOD32を組み込んだセキュリティソフトが無いかと探してみるESET Smart Security と言う商品で販売していました。
お試し版をダウンロードして見ると邪魔にもならずに動き、第一印象はまあまあです。

値段の方は、箱積めのパッケージ版が二回は飲みに行ける値段で、ちょっと投資する気にはなれません。
ダウンロード販売なら一回飲みに言った程度の値段。
通販を当たって見るとダウンロード版より若干高めで、更に送料がかかるのでダウンロードで買うことにしました。

という訳で、最近のセキュリティの相場を再認識して、自分の金銭感覚の物差しが飲み代だったことも再認識した一日でありました。

 

Copyright(C) 2008 Umeboshi  Ojisan All rights reserved.