戦闘服 2008.04.05  

忙しい一週間でした。
火曜日の午後、隣に座っている幹部社員から、「うめぼしさん、親会社からこんなメールが来ているんですけど、、、」と見せられたメールを見て目が点になりました。
「御社の製品の品質が悪く取引停止も視野に検討したい」。
高給取りの幹部社員がどうするか見ているとオロオロするばかりで何とも情けない。
そんな訳で、那須事業所へ出かけて対策を立てることになり、一日目は何とか自宅に帰れましたが、二日目からどうでもよくなり、那須に泊り込みになりました。
やっと帰ってきた金曜日は、フトンに入ったら即死状態でした。

朝、紳士服の○○のチラシを見ていて、素浪人になった時に着古した背広は全部処分してしまったので、思い立って春物の背広を探しに行ってきました。
チラシによると「二着目は1000円ポッキリ」のはずが、気に入ったものはほとんどが対象外で、思案するほど1時間、「ポッキリ」対象の中から2着選んでお値段が40000円。
高いか安いか微妙なところですが、どうせ作業服(別名、戦闘服)ですから良しとしましょう。

帰りがけに多々良沼でサクラを見物してきました。
へそ曲がりなのかソメイヨシノは人工的で嫌いです。
それに比べ、ケヤキの新緑の方が自然の力強さを感じ、元気をもらったような気になります。


Copyright(C) 2008 Umeboshi  Ojisan All rights reserved.