赤面 2008.05.04  

懐かしい社内の某研修センターへ行ってきました。

この研修センターは、2001年9月の辞令で戦力外通告を受け、社外へ放出するため集められた場所です。
あれからもう7年、でもあの日の記憶は少しも風化していません。
教室に集められて、「皆さんは大手某社で管理職まで務められた皆さんです。きっと良い第二の人生が待っているでしょう」、そんなことを言われました。
しかし、追い出されてから色々あって、しつこくも出戻った7年後の今、社内教育で同じ場所に来るとは面白い人生を歩んできたなあと自分でも感心してしまいます。

さて本日の教育は、「ソフトウェア工学入門」です。
ソフトウェアの品質をこうすれば高められる!、と某大学の講師が自信タップリに力説していました。
講義は、講師の某証券会社勤務経験に基づいたお話でしたが、要は精神論で、聞いていて心に響くものは全くありませんでした。
自分も昔、こんな精神論を言いながら人様の作ったソフトウェアにケチを付けていたかと思うと赤面してしまいました。


Copyright(C) 2008 Umeboshi  Ojisan All rights reserved.