ミニ旅行 2008.09.23  

山ノ神のリクエストで、世間一般では墓参りと相場が決まっている秋分の日に栃木県の大平山へぶどう狩りに行ってきました。

昨年は9月26日に行きましたが、シーズンオフに近い状況でした。しかし、今年はまだ十分にぶどう狩りができるそうで、たっぷり食べてから彼岸花を眺めて風情を楽しみました。
一方、山ノ神はパクパク食べながら持ち帰り用にカゴにもいっぱい入れて、食料を目の前にした女性は強い!、などとつい思ってしまいました。

蚊に数箇所刺されてぶどう狩りは終了、と思いきや山ノ神は新しい房を手にしてパクパクやっています。
いったい腹の中はどうなってるの?

次に向かったのは、宇都宮にあるろまんちっく村です。
栃木インターから久しぶりに高速道路を使って宇都宮インターまで一番左端の車線をノロノロと走ります。
追い越し車線をすごいスピードで走っている人はどんな神経をしているのかしら?
気合を入れて100kmぐらいスピードを出すと手のひらにジワッと汗が出てきます。
たまに中央車線に迷い込むと平気で左側を追い越して行く車もいて、流れに乗れず高速道路の上で孤立している気分です。
でも素浪人のころは高速道路など恐れ多くて走れなかったからこんなもんでしょう。

ろまんちっく村に来た理由は、中にある温泉にゆっくり入って疲れを癒そうと言うことで、露天風呂に入って雲を眺めながらボケッとして、〆に冷えたコーヒー牛乳をキュッと飲んで、、、いいなあ、最高でした。

朝市をやっていたのでのぞいて見るとシイタケやらキノコが安いので今夜は鍋にしようと買い込んできました。
ついでに里山クラブへ行くときに道具を入れて運ぶためのカゴを調達してきました。
このカゴを背負ってヘルメットをかぶって腰にナタを下げて、、、山ノ神曰く、「妙に似合っている」そうです。
先祖代々のDNAがかもし出す雰囲気がそう言わせるのか、自分でも様になっていると思っているのであえて反論しません。


Copyright(C) 2008 Umeboshi  Ojisan All rights reserved.