別世界2 2008.10.03  

今日は、千葉県にある下総航空基地から開設記念のセレモニーがあるから来ませんかと会社の方に招待があり、一番暇そうに見えたのか私が行くことになりました。

東武野田線高柳駅から送迎バスに乗って、生まれて初めて自衛隊の基地に入って見るとその広いこと!
ここは日本? まるでどこかの国に来たような感じです。

10時半から記念式典の始まりです。
最初は全員起立して国旗、自衛隊旗の入場です。
それからキリッと制服を着た自衛官を前に地元の国会議員さんの祝辞が延々と続きます。
それにしてもカンカン照りの下、キシッと整列している自衛官って格好いい! (すっかりミーハー気分)

ここの下総航空基地は、海軍の航空機の操縦や整備を訓練する場所だそうで、デモンストレーションも控えめに訓練機が飛ぶ程度でちょっとガッカリ。

続いて食堂で祝賀パーティです。
会費は会社持ち、液体燃料の摂取はもちろんOK、こんな美味しい出張なら毎日でも、、、。
でもパーティ参加者は自衛隊をメイン顧客にしている○○重工、△△特機、そんな会社の営業マンばかりで、ひたすら目当ての自衛官を見つけては名刺交換です。
そんな営業マンも腹が減っては何とやらで、乾杯が終わったら一斉に寿司桶に群がり、あっと言う間にカラッポです。
営業は担当外なので、今日は飲んで食べて、締めに海軍さんのカレーをいただきすっかりいい気分になりました。

午後は基地内の見学です。
対潜哨戒機P-3C、対潜ヘリコプターSH-60Jの見学もあって、特にP-3Cは中に入れて写真撮影もOKって現役の哨戒機なのにいいのかなあ、こちらが気にするほどのサービスでした。

この方面を少しかじった程度ですが、○□△万人の自衛官を抱え、△▲□■○●▽▼億円の予算を実行しても一般人の目に触れない世界があったことに気づきだしているこのごろであります。


Copyright(C) 2008 Umeboshi  Ojisan All rights reserved.