公害 2009.05.04  

近所の日帰り温泉を探していると、スーパー銭湯なるものが、ちょっと車で行ける距離に何件もあることがわかりました。
思い立ったら吉日、我が家のゴールデンウィーク最大のイベントはこれしかない!と言うことで伊勢崎市にある湯楽(ゆら)の里へ行ってきました。

ここには、源泉の湯、座湯、寝湯、、、と「湯」の付くものがふんだんにあり、一巡すると体の芯からポカポカになります。
難点は、湯船につかって無の境地に入ろうとしても視界のどこかに見たくも無い男性の裸体があること。
やっぱり温泉旅館の露天風呂に入って外の景色を眺めているような訳には行きません。
体はきれいになっても目が汚れた一日でした。


Copyright(C) 2009 Umeboshi  Ojisan All rights reserved.