出張の楽しみ方 2009.11.20  

本日は栃木県の某事業所へ出張に行ってきました。
埼玉県の久喜駅から宇都宮線に乗り込んで、たまたま立った場所の前に座っている女性が気になります。
失礼ながら化粧の荒れ具合から30代前半のストレスを抱えた自称キャリアウーマンとお見受けしました。
たぶん営業方面を担当されている方で、ハキハキと物を言うタイプで客の役職についたおじさんあたりには受けが良くて、ちょっとできる営業レディと言ったところでしょうか。
パソコンにはでっかいリース会社のシールとセキュリティランクのシールが貼ってあり、経費にうるさく、客受けするそっちの方面の躾はしっかりやっている会社とお見受けしました。

顎の先に人差し指を当てながら(しぐさが決まっていました)熟考、そしてパソコンをバシバシ、思い立ったようにカバンから手帳を出してまた熟考、その手帳も金色、カバンにぶら下げた女子高生顔負けのアクセサリーも色使いがハデ、総括すると自己主張が強く負けず嫌い、そして未婚と推察しました。
新幹線と接続する小山駅で降りたところから今日は東北方面で大事なお仕事でもあるのでしょうか。

くだらないことを考えながら到着した某事業所での仕事は、前回の会議で決まった内容を再確認するだけなので30分で完了、それから小山市に移動して某事業所で進行中のプロジェクトを見学して本日の業務は終了です。


Copyright(C) 2009 Umeboshi  Ojisan All rights reserved.