懐かしい分野 2010.06.26  

毎日庭のアジサイの同じ場所に乗っているカエルがいます。
好物の蚊の通り道とも思えない場所にジッと座っている忍耐力がある意味すごいと思って見ています。
石の上にも三年、アジサイの葉の上にも三日でしょうか。

毎日あちこち飛び回っていますが、先週はちょっと毛色の違う川崎駅の前にあるT情報システム社へ行ってきました。
その会社ではソフトウェアの第三者検証を支援するビジネスをやっているそうで紹介を兼ねたプレゼンを見てきました。
実は前職で第三者検証をちょっとかじったことがあり、大手の取り組みにはちょっと興味がありました。

プレゼンの内容は、T情報システム社が某鉄道会社の改札機でキップの妥当性をチェックするソフトウェアのテストを受注したそうで、キップの種類、区間を組み合わせると数十兆のパターンをテストする必要があるところをある理論で仕分けすると数万のパターンで過去に発見されたバグを100%検出できた、と言うものでした。
そこでこの理論を教えるコンサルとパターンを求めるツール、更に高い技術を持った人が検証作業を請け負いますよ、この辺が売りのようです。
大手がやるとすごいなあ、ただただ感心した一日でありました。
でも常識的にテストに投資するなら開発にその分投資するのが普通のような気がしますが。


Copyright(C) 2010 Umeboshi  Ojisan All rights reserved.