食べ比べ 2010.07.28  

最近、水曜日は栃木県の小山事業所で午前中打ち合わせ、それから炎天下の中を那須事業所へ移動して打ち合わせと言う過酷なスケジュールが定番になっています。
10年ほど前は、小山事業所で「あるもの」を製造してその方面の聖地でしたが、会社の目指す方向が大きく変わって空き家だらけになり、今はその跡地で世間には言えない仕事をしています。

テリトリーにしているこの小山事業所、那須事業所、それと関西の明石事業所を食堂のカレーライスで比較すると、一番は小山事業所、次が那須事業所、残念ながら明石事業所はビリ、が個人的な評価です。
その理由は、小山は牛肉入り、那須は??、明石は食材の議論の前にスプーンが小さく食べにくい。
でも那須は食堂の売店にモナカアイスがあったけど小山は無いなあ、明石は関西風のうどんがうまい、まぜごはんも良かった、小山は麺類がないなあ、しかし、那須のラーメンも日替わりで捨てがたい、、 、って食べものが主体の出張であります。

ところで写真は、小山から館林へ向かう乗継で降りた佐野駅の裏で見つけた百日紅、サルスベリです。
見事な大きさで夏真っ盛りでした。
後、百日過ぎないと酷暑は終わらないと言うシンボルです。


Copyright(C) 2010 Umeboshi  Ojisan All rights reserved.